審美歯科で行う治療について

一般的な歯科医院では、保険の範囲内で治療を行います。


そのため、もっと良い治療法があっても、保険が適用されないために治療が行えないこともあります。

例えば、虫歯を削った場合、保険診療では銀歯で修復を行いますが、銀歯は口の中で目立ってしまいます。

そこで、審美歯科では、よりきれいな治療を行うために、銀歯ではなく白い詰め物やかぶせ物を使って治療をしています。

白い詰め物は、セラミックやプラスチックなど患者さんのお口の中に合わせて治療を行っています。



また、審美歯科では歯を白くするためのホワイトニングも行っています。

患者さんがどこまで白くしたいかをあらかじめ確認し、施術を行って行きます。
早く歯を白くしたい場合には、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、何度も歯科医院へ行く時間がない場合にはマウスピースを作成し、自宅で薬剤を入れて歯を白くするホームホワイトニングを行います。
ホワイトニングは、歯だけでなく、黒ずんでしまった歯茎にも対応することができます。


中には、ホワイトニングでは白く出来ない薬による歯についた模様などもあります。


そのような場合、審美歯科では歯の表面だけを薄く削り、付け爪のチップのように歯に貼り付ける治療を行うことで、審美性を向上させます。

気軽にM3Qがさらに話題になりそうです。

患者さんのお口の中の悩みを解消し、よりきれいにするための治療を行うのが審美歯科です。日本人は口に対するコンプレックスを持つ人が多いですが、一度相談することで、悩みが解決できることが分かります。